牛肉ギフトの贈り物っていくらで買うの?

 

牛肉ギフトを贈る場合の価格相場は3000円から15000円!

 

お中元やお歳暮、結婚祝い、引っ越し祝いなどで、相手に何を贈ったらよいのか悩んでしまいます。贈り物のなかで定番かつ喜ばれるものの一例としてお肉があります。お肉といっても鶏肉、豚肉等の種類がありますが、一般的に贈呈されるお肉は牛肉が定番でしょう。

 

牛肉には松坂牛や米沢牛、神戸牛などのたくさんのブランド牛がありますが、贈り物として妥当なお肉の価格相場はどれくらいなのかが疑問に思ってしまう人もいると思います。牛肉等のお肉を含む贈り物の相場はおよそ3000円から5000円と一般的には言われています。

 

3000円から5000円内でもブランド牛を買うことはできますが、贈り物をもらう人の立場に立って、自分がもらうならこのお肉がいいなと思う牛肉は、相場の価格では買えない場合がほとんどです。そのため、私が牛肉を贈る場合の価格相場は3000円から15000円が妥当だと思っています。

 

しかし、贈り物を贈るにあたって大事なのは価格ではなく、気持ちです。たとえ相場をはるかに超えるものを贈呈しても、気持ちがこもっていなければ贈り物の価値は下がります。あくまで相場は目安であるため、きちんと気持ちのこもった贈り物ならば、たとえ相場より低い値段のものであっても贈った相手は喜んでいただけるでしょう。

 

 

関連ページ

妊娠中にお肉を食べていいのかな?
結婚祝いにどんなお肉が良いのか分かりません。という方でも簡単に選べるようにお祝いにピッタリのお肉を紹介しています。友人や会社の同僚、先輩に、親戚に結婚祝いを贈りたいと思っている人のためのブログです。
結婚祝いを贈るのはいつまで?
お祝いに関すること、贈り物のマナーや常識について紹介しています。品物を送りたいけれど、いつまでなら失礼でないかについて掲載しています。
ギフトのタブー|お祝いの品物を贈る時に気をつけること
お祝いに関すること、贈り物のマナーや常識はしっかり身につけておきたいものです。最近では気にする人も少なくなりましたが、いつの時代も気遣いは重要と思います。
結婚内祝いの相場とお返しのマナー
結婚内祝いについて分からないことは多いと思います。お礼返しは慣れていない方が多いので、失礼のないようにしっかり知識を持っておきましょう。
黒っぽくなった牛肉は食べられますか?
黒っぽくなったお肉は食べられるのか?すごく気になるところだと思います。ただ、結論からお伝えすると基本的には黒くなったお肉でも問題ありません。詳しくはこちらからご確認くださいね。
贈り物のマナー|「内のし」と「外のし」使い分け
贈答品を送るときにかけ紙(熨斗紙)はどうするか、決めなければなりません。しきたりとしてかけ紙はつける方が良いです。最近では水引きも印刷されているものが多いです。
還暦祝いのお祝いのやり方と贈り物
長寿祝のもっとも最初のイベントである還暦祝いです。満60歳で実施しますが、その方法が分からない人は多いはず。お返しはどうしたら良いのかなど紹介します。
退職祝をお世話になった先輩へ贈る時の注意点
お世話になった方の定年退職などのお祝いは、感謝の気持ちとともに今までのお勤めの労をねぎらうことが重要です。退職祝のマナーなど紹介しています。
新居・新築祝いにも和牛のギフトが適しています。
新築祝いにお肉を贈答するのはいかがでしょうか。素敵なキッチンができていると思うので、奥様に高級食材で気持ちを高めてもらうのもよいでしょう。